薬剤師の転職を考えるなら、エージェントのいる転職サイトがおすすめ

薬剤師の転職のときにエージェントにお世話になりました

薬剤師 求人 | 転職エージェントを見極めよう

薬剤師の転職のときにエージェントにお世話になりました | エージェントは職場との条件交渉もしてくれました | 独りよがりの求職では失敗する | 求人探しにおいて大切なのは、情報収集と応募スピード

薬剤師の転職のときにお世話になったのがエージェントです。
エージェントとは簡単に言えば相談スタッフのことであり、転職におけるサポートをしてくれるプロです。
職業安定所にも相談員が存在しますが、薬剤師に関する専門知識を有しているのが特徴です。
私が薬剤師の求人サイトに登録したきっかけは、現在の職場に不満を感じていたからです。
給料が平均より安いこと、人間関係がよくないこと、などのよくある理由でした。
求人サイト選びにおいてこだわったのは、エージェントのサービスを受けられることです。
1対1の対面方式で相談をできるという点に魅力を感じました。
実際の相談時間は30分程度ですが、エージェントの質問に答えているとマッチングした職場が見えてきます。
希望条件を伝えるだけで、マッチした職場を探してくれるのです。
年収を重視していることを伝えると、生涯年収に関する説明もしてくれました。
転職事由の第一位は収入による不満だそうですが、転職を繰り返すと生涯収入は逆に低くなってしまうそうです。
転職すると新人としてスタートしますし、勤続年数がゼロからスタートするので福利厚生の積み重ねがありません。
ボーナスや退職金を上げていくためには、一つの職場に長期勤続することが大切となるわけです。